相続弁護士

相続・遺言問題でお困りの方へ

相続問題を有利に解決するために

身内の方を亡くしたことによる相続という問題は、世の中のほとんどの人が経験する出来事です。

相続すべき財産が何も無いというのであれば別ですが、プラス・マイナスに関わらず財産が全く無いというような場合は珍しく、多くの場合は財産承継などの処理問題が生じます。

弁護士法人マーシャルアーツは、闘う弁護士集団として、親族間の相続トラブルで困っている依頼者のために闘う準備をしており、特に遺産分割協議の際の交渉術の訓練を十分に積んでいるものと自負しています。

以下URL先に、【闘う弁護士の兵法】の一部をご紹介します。この兵法により、裁判になる前の交渉の段階で、自己に有利に遺産分割問題を解決しましょう。

紛争予防のためにも、遺言を残すことは大切です。

人である以上、いつの日かは死が訪れます。自分の死後に自らの財産を巡って、配偶者や子供たちが親族を巻き込んで争うことは非常に不本意ではないでしょうか。

そのような紛争を防ぐためにも、あらかじめ遺言(ゆいごん・いごん)を作成し、場合によっては遺言執行者を指定しておくことが有効です。

ご自身の遺志を明確に遺言にしておくことで、紛争を未然に防ぐ事が出来ます。また遺言はいつでも変更が可能ですし、親族に知られることなく作成しておく事も可能です。

  • 残された家族がスムーズに相続手続を行えるようになる
  • 特定の財産を特定の人に確実に残して大切な人の生活を守れる
  • 家族の間の無用なトラブルを防げる

遺言所には上記ようなメリットがあります。そして遺言書は確実に保管する必要がありますし、遺言者が逝去された際は、遺言書の内容どおりに、確実に財産移転等を実現しないといけません。

弁護士法人マーシャルアーツは、遺言書の作成、遺言書の保管、遺言書の執行を全て承っております。

身内を亡くし心が痛んでいる状態で、大きな悩みや不安を抱えられているご相談者の方の負担が少しでも和らぐよう、お手伝いをさせて頂ければと考えております。

遺産相続に関する争いが予想されるような場合には、まずは一度ご相談ください。


法律相談のお申込み

トップへ戻る

  • 残業代弁護士
  • 刑事事件弁護士
  • 交通事故弁護士
  • 離婚弁護士

法律事務所

【弁護士法人マーシャルアーツ】
〒106-0032
東京都港区六本木五丁目18番22号
Martial Arts ビル

電話番号:03-3505-5333 予約受付9:00~19:00/平日

メールでのお問合せ
プライバシーマーク

個人情報保護方針
当法人の個人情報の取扱いについて