個人情報保護方針

弁護士法人Martial Arts 個人情報保護方針

2013年11月15日改定
2009年3月18日制定
弁護士法人Martial Arts
代表社員 堀 鉄平

当法人は、弁護士が、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とすることに鑑み、個人情報の取扱いについても細心の注意をもって臨むものとし、以下の通り宣言します。

1.適切な個人情報の取得、利用及び提供について
当法人は、個人情報の取得、利用及び提供を適切に行います。当法人は、取得にあたりできる限り利用目的を特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを禁止する措置を講じてこれを防止し、また、原則として本人の同意がない限り第三者提供することのないように努めます。

2.個人情報の漏えい等の防止及び是正について
当法人は、個人情報の重要度に応じて合理的な安全管理対策を講じることにより、個人情報の漏えい、滅失又はき損を防止するとともに、万一漏えい等が発生してしまった場合には、当法人内外からのご意見ご提案も考慮してその是正に努めます。

3.個人情報に関する法令及びその他の規範の遵守について
当法人は、「個人情報の保護に関する法律」等の個人情報に関する法令その他の規範について、その制定・改訂にも注意を払って遵守いたします。

4.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善について
当法人は、個人情報保護管理者を選任し、個人情報保護マネジメントシステムの実施及び運用に関する責任と権限を与えるとともに、 個人情報保護監査責任者を選任するなど、個人情報保護マネジメントシステムの内容を継続的に見直し、改善に努めます。

5.お問い合わせ先
当法人は、個人情報に関するお問い合わせ、苦情の適切な対応に努めます。 当法人の個人情報の取扱い及び個人情報保護マネジメントシステムに関してのお問い合わせは、下記の窓口にご連絡ください。

〒106-0032
東京都港区六本木5-18-22
Martial Artsビル
弁護士法人Martial Arts (マーシャルアーツ)
個人情報の取扱いに関するお問合せ窓口 係
TEL: 03-3505-5333
(当法人は記録のために通話内容を録音することがあります。)

当法人の個人情報の取扱いについて

1.当法人の個人情報の利用目的について
当法人は、取得する個人情報を、下記の利用目的の範囲内に限定して取扱います。

(弁護士業務に関連して取得する個人情報)
・訴訟・交渉等を受任し、受任事務を遂行する目的
・法律相談とそれに付随する業務に対応し、遂行する目的
・その他ご依頼いただいた事務を遂行する目的
・経理処理の目的
・上記に関連する記録管理の目的
・年賀状・事務所報等を送付する目的
・当法人及び当法人と提携する企業・団体に関する有益な情報の提供の目的
※なお、当法人では、交渉経緯の確実な記録のため、電話通話内容を録音させて
いただくことがあります。

(当法人への就職を希望する方からお預かりする個人情報)
・採用選考の目的

(当法人従業員の個人情報)
・労務管理の目的

2.保有個人データについての周知事項
(1)事業者の名称
弁護士法人Martial Arts

(2)個人情報保護管理者の連絡先
個人情報保護基本方針末尾のお問合せ窓口をご利用下さい。

(3)全ての利用目的
1記載の通り

(4)保有個人データの取扱いに関する苦情の申し出先
個人情報保護基本方針末尾のお問合せ窓口をご利用下さい。

(5)当法人が認定個人情報保護団体の対象事業者である場合の当該認定個人情報保護団体の名称及び苦情の解決の申し出先
当法人は、いずれの認定個人情報保護団体の対象事業者でもありません。

3.保有個人データの利用目的の通知について
当法人の保有個人データの利用目的は、上記1のとおりです。 開示対象個人情報の利用目的の通知をご依頼いただいた場合でも、1の記載内容をもって利用目的は明らかであることから、利用目的をあらためて通知することは致しません。

4.保有個人データの「開示」、「訂正、追加又は削除」、「利用又は提供の拒否」
などの求めの手順について

当法人では、保有個人データについて、以下の通り、ご本人またはその代理人からの開示・訂正、追加又は削除・利用又は提供の拒否などの求め(以下「開示等の求め」といいます。)に対応いたします。

(1)開示等の求めの要件:保有個人データに該当すること
<開示の求めに応じられない場合>
ア 本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を侵害する場合
イ 当法人の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
ウ 法令に違反することとなる場合

(2)訂正、追加又は削除の要件:保有個人データの内容が真実でないこと
<訂正、追加又は削除の求めに応じられない場合>
法令の規定によって特別の手続が定められている場合

(3)利用停止等の要件:当法人が本人の保有個人データにつき、個人情報保護法16条、17条又は23条1項に違反したこと
<利用停止等の求めに応じられない場合>
対応に多額の費用を要する場合その他対応することが困難な場合であって、本人の権利利益を保護するために必要な代替措置を講じる場合

(4)開示等の求めの申し出先
開示等の求めは、下記(5)の必要書類を、当法人宛にご郵送ください。
尚、封筒には朱書きで「開示等請求書在中」とお書き添え下さい。

【当法人住所(郵送先)】
〒106-0032
東京都港区六本木5-18-22
Martial Artsビル
弁護士法人Martial Arts (マーシャルアーツ)
個人情報の取扱いに関するお問合せ窓口 係

(5)開示等の求めに際して提出していただく書面(様式)など
開示等の求めを行う場合は、下記ア「当法人指定の申請書」をプリントアウトして所定事項を全てご記入の上、下記イ「本人確認のための書類」を同封してください。

ア 当法人指定の申請書
・保有個人データの開示・訂正・利用停止申請書 1通

イ 本人確認のための書類
・運転免許証(お手数でも本籍地部分は塗りつぶして下さい)、パスポートなどの公的書類のコピー 1通

(6) 代理人による開示等の求め 開示等の求めをする方が、本人または未成年者または成年被後見人の法定代理人もしくは開示等の求めをすることについて本人が委任した代理人の場合、上記(5)の書類に加え、下記書類(アまたはイ)を同封してください。

ア 法定代理人の場合
・法定代理権があることを確認するための書類(戸籍謄本等) 1通
・未成年者または成年被後見人の法定代理人であることを確認するための書類(法定代理人の運転免許証(お手数でも本籍地部分は塗りつぶして下さい)、パスポートなどのコピー) 1通

イ 委任による代理人の場合
・当法人所定の委任状 1通
・本人の印鑑証明書 1通
・代理人の代理人本人であることを確認するための書類(運転免許証(お手数でも本籍地部分は塗りつぶして下さい)などの公的書類や職務上の場合はその職務を証明するもののコピー) 1通

(7)開示の求めの手数料
開示等の請求について,手数料(1000円+消費税)をご負担いただきます。

(8)開示等の求めに対する回答方法
申請者の申請書面記載住所宛に書面によって回答いたします。

(9)開示等の求めに関して収集した個人情報の利用目的
開示等の求めに伴い取得した個人情報は、開示等の求めに対応するために必要な範囲内でのみ取扱います。提出していただいた書類は、開示等の求めに対する回答が終了した後、5年間保存し、その後、粉砕処理などをしてから廃棄いたします。

5.個人情報に関するお問い合わせ・苦情受付窓口について
当法人の個人情報の取扱いに関するお問い合わせ、苦情については、下記までご連絡ください。

〒106-0032
東京都港区六本木5-18-22
Martial Artsビル
弁護士法人Martial Arts (マーシャルアーツ)
個人情報の取扱いに関するお問合せ窓口 係
TEL: 03-3505-5333
(当法人は記録のために通話内容を録音することがあります。)

なお、直接お越しいただいてのお申し出はお請けいたしかねます。


法律相談のお申込み

トップへ戻る

法律事務所

【弁護士法人マーシャルアーツ】
〒106-0032
東京都港区六本木五丁目18番22号
Martial Arts ビル

電話番号:03-3505-5333 予約受付9:00~19:00/平日

メールでのお問合せ
プライバシーマーク

個人情報保護方針
当法人の個人情報の取扱いについて