後遺障害

後遺障害とは

交通事故によって負った怪我に対して、適切な治療を行ったにもかかわらず完治に至らず、将来にわたって身体に不具合が残ってしまうことを言います。

これは交通事故にあった場合に被害者が最も悩まされる問題でもあるのです。

後遺障害の可能性がある場合は、そのまま泣き寝入りせずに問題解決に向けてご相談ください。

症状固定によって損害額が確定します

医学上適切な治療を継続してきたが、これ以上治療しても効果が期待できない、症状にかわりはないという状態を「症状固定」といいます。

症状固定と判断された時期を境に、それ以降の「不具合が残ったこと」を確定し、すべての損害賠償を請求することになります。

被害者請求することのメリット

後遺障害の認定を行うには「事前認定」と「被害者請求」の二通りがあります。

事前認定では任意保険会社を通して、後遺障害等級認定を行います。被害者は任意保険会社に書類を提出するだけなので、手間がかかりません。

一方、被害者請求では被害者が自ら自賠責保険に後遺障害等級認定を行います。そうすることで下記のメリットが享受できます。

示談が成立する前にまとまった金額がもらえる

事前認定にしてしまうと、示談が成立しない限り一切支払いがありません。事前にまとまったお金をもらえることで、弁護士費用や印紙代などの経済的負担が軽減できます。

任意保険会社との交渉が有利に進められる

もともと任意保険会社というのは、後遺障害等級を「非該当」にしたいと思っています。そこに手続きを頼んでしまっては不利になるのは明らか。手間はかかってしまいますが、自賠責保険から損害賠償をもらっていれば、保険会社もその結果を無視することはできず、相応の金額を提示するようになります。

後遺障害の等級を決める

重度なものから軽度なものまで様々な後遺障害は、部位や程度に応じて1級から14級まで格付けされた後遺障害等級が利用されています。

しかし、介護を必要とする後遺障害の場合には1級と2級しか存在せず、高額な賠償内容となっています。

後遺障害の等級について

介護を必要とする場合

等級 後遺障害 労働能力
喪失率
保険金額
第1級 1 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
100/100 4000万円
第2級 1 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
2 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
100/100 3000万円

介護を必要としない場合

等級 後遺障害 労働能力
喪失率
保険金額
第1級 1 両眼が失明したもの
2 咀嚼及び言語の機能を廃したもの
3 両上肢をひじ関節以上で失つたもの
4 両上肢の用を全廃したもの
5 両下肢をひざ関節以上で失つたもの
6 両下肢の用を全廃したもの
100/100 3000万円
第2級 1 1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になつたもの
2 両眼の視力が0.02以下になつたもの
3 両上肢を手関節以上で失つたもの
4 両下肢を足関節以上で失つたもの
100/100 2590万円
第3級 1 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になつたもの
2 咀嚼又は言語の機能を廃したもの
3 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
4 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5 両手の手指の全部を失つたもの
100/100 2219万円
第4級 1 両眼の視力が0.06以下になつたもの
2 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
3 両耳の聴力を全く失つたもの
4 1上肢をひじ関節以上で失つたもの
5 1下肢をひざ関節以上で失つたもの
6 両手の手指の全部の用を廃したもの
7 両足をリスフラン関節以上で失つたもの
92/100 1889万円
第5級 1 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になつたもの
2 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
3 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
4 1上肢を手関節以上で失つたもの
5 1下肢を足関節以上で失つたもの
6 1上肢の用を全廃したもの
7 1下肢の用を全廃したもの
8 両足の足指の全部を失つたもの
79/100 1574万円
第6級 1 両眼の視力が0.1以下になつたもの
2 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
3 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になつたもの
4 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が410センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
5 脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
6 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
7 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
8 1手の5の手指又はおや指を含み4の手指を失つたもの
67/100 1296万円
第7級 1 1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になつたもの
2 両耳の聴力が410センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
3 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
4 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
5 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
6 1手のおや指を含み3の手指を失つたもの又はおや指以外の4の手指を失つたもの
7 1手の5の手指又はおや指を含み4の手指の用を廃したもの
8 1足をリスフラン関節以上で失つたもの
9 1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
10 1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
11 両足の足指の全部の用を廃したもの
12 女子の外貌に著しい醜状を残すもの
13 両側の睾丸を失つたもの
56/100 1051万円
第8級 1 1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になつたもの
2 脊柱に運動障害を残すもの
3 1手のおや指を含み2の手指を失つたもの又はおや指以外の3の手指を失つたもの
4 1手のおや指を含み3の手指の用を廃したもの又はおや指以外の4の手指の用を廃したもの
5 1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
6 1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
7 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
8 1上肢に偽関節を残すもの
9 1下肢に偽関節を残すもの
10 1足の足指の全部を失つたもの
45/100 819万円
第9級 1 両眼の視力が0.6以下になつたもの
2 1眼の視力が0.06以下になつたもの
3 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
4 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
5 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
6 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
7 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
8 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になつたもの
9 1耳の聴力を全く失つたもの
10 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
11 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
12 1手のおや指又はおや指以外の2の手指を失つたもの
13 1手のおや指を含み2の手指の用を廃したもの又はおや指以外の3の手指の用を廃したもの
14 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失つたもの
15 1足の足指の全部の用を廃したもの
106 生殖器に著しい障害を残すもの
35/100 616万円
第10級 1 1眼の視力が0.1以下になつたもの
2 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
3 咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
4 14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
5 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になつたもの
6 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になつたもの
7 1手のおや指又はおや指以外の2の手指の用を廃したもの
8 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
9 1足の第1の足指又は他の4の足指を失つたもの
10 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
11 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
27/100 461万円
第11級 1 両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
2 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
3 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
4 10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
5 両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になつたもの
6 1耳の聴力が410センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
7 脊柱に変形を残すもの
8 1手のひとさし指、なか指又はくすり指を失つたもの
9 1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
10 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
20/100 331万円
第12級 1 1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
2 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
3 7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
4 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
5 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
6 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
7 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
8 長管骨に変形を残すもの
9 1手のこ指を失つたもの
10 1手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
11 1足の第2の足指を失つたもの、第2の足指を含み2の足指を失つたもの又は第3の足指以下の3の足指を失つたもの
12 1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
13 局部に頑固な神経症状を残すもの
14 男子の外貌に著しい醜状を残すもの
15 女子の外貌に醜状を残すもの
14/100 224万円
第13級 1 1眼の視力が0.6以下になつたもの
2 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
3 1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
4 両眼のまぶたの1部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
5 5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
6 1手のこ指の用を廃したもの
7 1手のおや指の指骨の1部を失つたもの
8 1下肢を1センチメートル以上短縮したもの
9 1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失つたもの
10 1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
11 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの
9/100 139万円
第14級 1 1眼のまぶたの1部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
2 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
3 1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になつたもの
4 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
5 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
6 1手のおや指以外の手指の指骨の1部を失つたもの
7 1手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなつたもの
8 1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの
9 局部に神経症状を残すもの
10 男子の外貌に醜状を残すもの
5/100 75万円
《 備考 》
1 視力の測定は、万国式試視力表による。屈折異状のあるものについては、矯正視力について測定する。
2 手指を失つたものとは、おや指は指節間関節、その他の手指は近位指節間関節以上を失つたものをいう。
3 手指の用を廃したものとは、手指の末節骨の半分以上を失い、又は中手指節関節若しくは近位指節間関節(おや指にあつては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
4 足指を失つたものとは、その全部を失つたものをいう。
5 足指の用を廃したものとは、第1の足指は末節骨の半分以上、その他の足指は遠位指節間関節以上を失つたもの又は中足指節関節若しくは近位指節間関節(第1の足指にあつては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
6 各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であつて、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の後遺障害とする。

※等級および後遺症の欄は「自動車損害賠償保障法施行令別表」から引用
※労働能力喪失率欄は、労働省労働基準局長通牒(昭和32.7.2基発第551号)別表労働能力喪失率表から引用


法律相談のお申込み

トップへ戻る

  • 相続弁護士
  • 残業代弁護士
  • 刑事事件弁護士
  • 離婚弁護士

法律事務所

【弁護士法人マーシャルアーツ】
〒106-0032
東京都港区六本木五丁目18番22号
Martial Arts ビル

電話番号:03-3505-5333 予約受付9:00~19:00/平日

メールでのお問合せ
プライバシーマーク

個人情報保護方針
当法人の個人情報の取扱いについて