交通事故弁護士

交通事故での交渉に困っている方へ

多くの場合、弁護士に委任することで損害賠償の認定金額が大幅に増額されます。数千万円もの開きがあることも決して珍しくありません。

相手方の保険会社は決して被害者の味方ではありません。裁判基準よりも大幅に低い被害金額を提示してくることも少なくありません。弁護士へ委任することで、正当な損害賠償金額がわかります。

多くの被害者の方は交通事故による心身の苦痛や生活への支障のなか、不慣れな交渉や手続きに苦しんています。 法律の専門家であり、交渉のプロフェッショナルである弁護士がサポートすることで、安心して交渉を進めていただけます。

弁護士に頼むことで交通事故の賠償額は数千万円も増減するのです。

交通事故によって怪我を負うことで被害者には多大な負担がかかりますが、「損害賠償請求」になるとさらなる負荷がかかります。

本来守られるべき被害者が二重の負担を強いられることになっているのが現実です。

  1. 「後遺障害の等級認定で、実際よりも低い等級になってしまった…」
  2. 「保険会社との交渉で本来よりも少ない賠償額になってしまった…」

保険会社はできるだけ支払う金額を低く抑えようとします。交渉次第によって賠償額が、数百~数千万円で変わることも少なくありません。
少しでも加害者(保険会社)の提示額に疑問を持たれた場合はまずご相談ください。


着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。

当事務所では交通事故の着手金が無料です。費用が発生するのは全てが解決して示談金を受け取ってからとなりますので、交通事故でお悩みの方は安心してご相談ください。

受任となりましたら加害者との直接交渉はもちろん、保険会社と賠償請求の交渉、慰謝料の請求など、我々闘う弁護士は被害者のために全力で交渉いたします。

弁護士費用を保険でまかなうことも可能です。

自動車任意保険の特約で弁護士費用を負担できる可能性があります。以下の保険証に弁護士費用特約が記載されていないかをご確認ください。

  • ご自身、またはご家族が加入されている自動車任意保険
  • 事故に遭われた他人名義の自動車に付加されていた自動車任意保険
  • ご自身、またはご家族が加入されている自動車任意保険以外の損害保険

弁護士費用特約が付加されていたら、基本的には弁護士費用を全額保険でまかなうことが可能です。費用を心配する必要がございませんので、迷わず弁護士にご依頼ください。
※死亡事故や重度の後遺症の場合は、弁護士費用の一部が保険でまかわなれます。

保険会社から提示された金額は交渉次第で増額可能です。

実際交通事故があった際、加害者の多数は任意保険に加入しており、交渉の全ては保険会社に一任されます。被害者の方は専門知識を持たず不利なまま賠償請求の交渉をしていかなければなりません。

しかし、そこで弁護士が交渉することによって、裁判基準に近い額で和解することが可能になります。示談の提示額に納得していなかったり、後遺症が残って不自由な生活をしているのに示談金額が低すぎたりする場合など、まずは当弁護士事務所にご相談ください。

被害者がお金を請求することは当然の事です。胸を張って堂々と主張してください。

そして本来得られるはずの賠償金を得るためにも、ご本人で示談交渉をする前に交通事故が得意分野である私たち弁護士に一度ご相談ください。


法律相談のお申込み

トップへ戻る

  • 相続弁護士
  • 残業代弁護士
  • 刑事事件弁護士
  • 離婚弁護士

法律事務所

【弁護士法人マーシャルアーツ】
〒106-0032
東京都港区六本木五丁目18番22号
Martial Arts ビル

電話番号:03-3505-5333 予約受付9:00~19:00/平日

メールでのお問合せ
プライバシーマーク

個人情報保護方針
当法人の個人情報の取扱いについて